« アドバンテストの目標株価は、3970円→5000円と岩井コスモ証券が変更した、前場4145(-15)円と下落気配なしだが、短期筋の動向に注意も | トップページ | 日経平均は、トランプ政権が中国の輸入品3000憶ドルに、9月から10%の関税発言に暴落した、本日、韓国の「ホワイト国」から排除が閣議決定した、背景には・・。 »

本日、日銀政策決定会合は、現状維持とした、「現在・・低い長短金利は2020年春ごろまで継続する」と金融緩和姿勢は継続した、日経平均は、景気敏感株に支えられ、前場21763(+146)円と上昇した

2019/7/30(火)pm1:00

 本日、日銀政策決定会合は、現状維持とした。日銀は、「現在・・低い長短金利は2020年春ごろまで継続する」と金融緩和姿勢は継続した。日経平均は、ファナックや東京エレクトロンなど景気敏感株に支えられ、前場21763(+146)円と上昇した。業種別では、電気機器、非鉄が買われ、その他金融が売られた。日経平均は、為替が108円台後半の円安に輸出関連株が買われた。

 日経平均をテクニカルで見ると、25日、75日、200日移動平均線をゴールデンクロスしてきた。とはいえ、上限値も気になる。明日は、米FOMCの結果待ちなので、一旦、信用の解消売買を先行させているようだ。

 ファナックは、19年4-6月期の連結営業利益が285憶円(-47.5%減)になった。米中貿易摩擦の影響で、通期の営業益予想を713憶円に下方修正した。しかし、自社株買いが10月31日まで延期されたことや、あく抜け感から、信用売りの買戻しが入り、一時20085(+820)円まで上昇した。

 

 

 

|

« アドバンテストの目標株価は、3970円→5000円と岩井コスモ証券が変更した、前場4145(-15)円と下落気配なしだが、短期筋の動向に注意も | トップページ | 日経平均は、トランプ政権が中国の輸入品3000憶ドルに、9月から10%の関税発言に暴落した、本日、韓国の「ホワイト国」から排除が閣議決定した、背景には・・。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事