« 本日、日銀政策決定会合は、現状維持とした、「現在・・低い長短金利は2020年春ごろまで継続する」と金融緩和姿勢は継続した、日経平均は、景気敏感株に支えられ、前場21763(+146)円と上昇した | トップページ | 韓国ウォンは、一時1ドル1280ウォンの安値を越えた、通貨スワップもないが大丈夫か、米中貿易摩擦、ホワイト国排除で外資の逃避が始まった »

日経平均は、トランプ政権が中国の輸入品3000憶ドルに、9月から10%の関税発言に暴落した、本日、韓国の「ホワイト国」から排除が閣議決定した、背景には・・。

2019/8/2(金)am11:58

 日経平均は、トランプ政権が中国の輸入品3000憶ドル(32兆円)に、9月から10%の関税発言で、前場21031(-509)円と暴落した。為替は107円の急激な円高に、輸出関連株を中心に幅広く売られた。一難去って一難に、中国以上に日本も景気減速が心配される。のらりくらりした中国の対応に米国が激しく反応した。

 なぜトランプ政権は、中国への経済圧力を強化しているのか。それは、東シナ海の中国進出で、フィリピン、ベトナム、マレーシアなどの領海が奪われることに危機感を持っているからだ。また、台湾問題も中国領土にするため、軍事的に緊迫状態が続いている。中国の軍事力強化を減速させるには、中国経済を減速させるしかないという。 

 本日、韓国の「ホワイト国」から排除が閣議決定した。背景には、文政権の左翼的政治が徴用工判決、慰安婦財団解除、レーダー照射問題などで、日本の国民感情を逆なでした、政府の意見公募に国民が4.5万人応募し、95%の賛成が後押した。残念としか言いようがない。

 文在寅の両親は北朝鮮出身。その後、避難民として韓国に渡り貧農生活を余儀なくされた。1975年朴政権に反対する民主化運動で朴政権に逮捕され大学を除籍になった。「反日」「反米」を掲げ、当時の朴政権が決めた政策には、異常な敵視政策を取ってきた。廬武鉉と同じ道を歩む覚悟から、娘はタイに移住させたようだ。

 

|

« 本日、日銀政策決定会合は、現状維持とした、「現在・・低い長短金利は2020年春ごろまで継続する」と金融緩和姿勢は継続した、日経平均は、景気敏感株に支えられ、前場21763(+146)円と上昇した | トップページ | 韓国ウォンは、一時1ドル1280ウォンの安値を越えた、通貨スワップもないが大丈夫か、米中貿易摩擦、ホワイト国排除で外資の逃避が始まった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事