« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

都内のパチンコ店は全店休業となった、なぜか・・

2020/4/28(火)pm1:25

 今日の都内のパチンコ店は、全店休業となった。なぜか・・。それは、パチンコホールの営業許可が、風営法に基づき、店舗所在地の警察署、ここでは警視庁に営業許可をもらうことで、成り立っているからだ。

 つまり、パチンコホールは、新台入れ替え時に、警視庁に営業許可申請を行う弱い立場にある。ということは、今後、新台の営業許可申請に大幅な時間がかかり、さらには、微小の釘曲げなどで、違法機械の摘発も集中的に行なわれる。そろそろ休業しないと、必ずしっぺ返しが待っていることに危機感を持ったからだ。

 さらに、東京都は、警視庁の職員に給料を支払っている立場。暗黙の了解と推測される。新型コロナウイルス自粛を無視して1週間営業したために、強引な違法機械の摘発により、数か月の営業停止も・・。

 日経平均は、出口戦略が意識されてきた。外国人投資家の多くは、現物より先物が中心だ。日経平均先物は、19700円を中心に上下している。現在のNYダウ先物は、円建てで小幅プラス、大きな動きはない。東京都、大阪府など、新型コロナウイルスの陽性率が減少するなら、19800円台も・・。

|

NY原油先物の5月物が-37.63(-55.9)ドルと、買い手不在という異常事態になった、NY株式市場大荒れ、日本市場は冷ややか・・

2020/4/21(火)am10:00

 NY原油先物の5月物が-37.63(-55.9)ドルと、買い手不在という異常事態になった。この背景には、オクラホマ州のクッシングの受け渡しの貯蔵施設が満杯になると予想されたため。これにより、NY株式市場大荒れとなり、NYダウ-592ドル、ナスダック-89、S&P500 -51と大幅下落した。一方6月物は21.31ドルとプラス圏にある。

 今後、米シェール企業の破綻やハイイールド債市場のさらなる混乱が予想されるので、注意が必要だ。

 その点、日本市場は冷ややかに見ているようだ。日経平均は、シカゴ225先物19310(-330)円にサヤ寄せし、一時19353円まで下落したが、その後持ち直した。現在19460円前後となっている。

 さて、国内のレギュラーガソリンは、値下がりするのだろうか。店頭販売130円のガソリン価格の内訳は、揮発油税53.8円、石油税、2重課税の消費税10%を入れると、税金を除くガソリン代は約62円。この62円が原油安によっていくらまで下がるか。石油元売り各社は、大損しているので、すぐには下げられない事情もありそうだ。

 車所有者は、車税とガソリン税を考慮すれば、「一律10万円給付」は、支払った税金を戻してもらったに過ぎないか・・。

 

 

|

日経平均は、107円の円高を嫌気し、利益確定売りに押され前場19521(-117)円と小幅下落した、ソフトバンクの荒い動きに・・

2020/4/15(水)pm0:30

 日経平均は、107円の円高を嫌気し、利益確定売りに押され前場19521(-117)円と小幅下落した。トヨタなど輸出関連の自動車各社は、円高に押され下落した。昨日のNY市場で原油先物WTIが20.11(-2.3)ドルと大幅下落したことで、鉱業、海運などが売られた。

 ソフトバンクGは、ビジョンファンドの20年3月期決算で1兆8000億円の評価損計上することに、投資家から不安が出ている。一時4567円まで上昇したが、前場の引け間際で売られた。後場は先物が買われ上昇しているが、荒い動きが続いているようだ。

|

日経平均は、シカゴ225先物の19145(大証比+225)円にサヤ寄せしたが、前場19268(-84)円と下落・・、明日は、オプション・日経225ミニの清算日・・

2020/4/9(木)0:55

 日経平均は、シカゴ225先物の19145(大証比+225)円にサヤ寄せし、一時19406円まで上昇したが、前場19268(-84)円と下落した。明日はオプションと日経225ミニのSQ清算日のため、先物などの思惑売買が続いている。日経225ミニは、19300円前後で売買されている。

 昨日、米国市場が上昇したのは、米国立アレルギー感染研究所長が、新たな入院患者数が減少し、来週以降に転換点を迎えると発言したことが、株価上昇の要因となった。さらに、サンダース氏が大統領選を撤退する発言が株価を押し上げたのではないかとフィスコが伝えた。

 

|

日経平均は、米株高を好感し、シカゴ225先物18920(+350)円にサヤ寄せし、一時19162円まで上昇した、10日のオプションSQに向け乱高下も・・

2020/4/7(火)am11:15

 日経平均は、米株高や日本政府の108兆円の経済対策を好感して、シカゴ225先物18920(+350)円にサヤ寄せし、一時19162円まで上昇した。しかし、その後、利益確定売りに押され下落した。今週は、10日のオプションSQに向け、権利行使価格をめぐり乱高下も・・。信用売りの買い戻しも入っているが、先は見えない。

 日経平均をテクニカルで見ると、75日移動平均線が、200日移動平均線をデッドクロスしそうな状況になってきた。為替は109円台を前後して、円安傾向になっている。世界経済は、新型コロナウイルスの影響で、打撃的な落ち込みになっている。まだまだ、株式市場も乱高下しそうだ。

|

ノルウェー政府年金基金は、1-3月期約-12兆円の過去最大の損失、日本の年金運用は、1-3月期約-17兆円前後の損失か・・

2020/4/3(金)am9:50

 ノルウェー政府年金基金は、世界的な株安で1-3月期に、-1兆1710憶クローネ(約-12兆円)の過去最大の損失したと、テレ東が伝えた。一方、日本の年金運用は、1-3月期、約-17兆円前後の損失と民間エコノミストが伝えた。しかし、2019年度全体では、差し引き-8兆円前後と伝えた。GPIFの昨年度末の運用資産は168兆円だっただけに、大きな損失となった。とはいえ、世界経済回復期には、大儲けをしてもらいたい。

 人工心肺装置のテルモは、ECMOの増産などで、3月17日に一時-2880円まで下落した株は、現在、3600円台まで回復した。とはいえ、機関投資家など、有事の現金化に備え、一方的な株価上昇は期待薄か・・。

 一方、富士フィルムは、政府の要請と、ドイツ政府の新型コロナウイルス感染者に「アビガン」の治療効果の期待から、数百万セットを購入するとドイツメディアが伝えたことを受けて、株価が+5%以上上昇している。これに関連して、デンカ(4061)は、アビガンの原料マロン酸ジエチルを、富士フィルム富山化学に供給を決定したことで、株価が+17%以上上昇している。

|

ソフトバンクGは、通信ベンチャーのワンウェブの経営破綻が伝えられると、不安定な値動きが続いた、また、3月23日、4.5兆円の保有資産を売却したことが影響し、25日に格付けがBa1→Ba3に引き下げられたことも重荷か

2020/4/1(水)am11:58

 ソフトバンクGは、通信ベンチャーのワンウェブの経営破綻が伝えられると、不安定な値動きが続いた。前場3853(+65)円と小幅上昇した。また、3月23日、4.5兆円の保有資産を売却したことが影響し、25日に格付けがBa1→Ba3に引き下げられたことも重荷となっているようだ。

 さらに、目先は、ビジョン・ファンドに投資する約90社の企業価値の不安もありそうだ。すでに上場企業8社中4社の株価が下落していると日経は伝えた。

 日経平均は、NY市場が下落したが、225先物(夜間)は18700(-10)円と下落しなかった。前場18739(-177)円と続落した。今後、新型コロナウイルス感染者が大幅に増加すれば「緊急事態宣言」も発動される可能性もある。その時、一段と株式市場は売り込まれるのか・・。心配される。

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »