« 昨年、9月に武漢市では、新型コロナウイルスの模擬演習を行っていたと「湖北経視」が伝えていた | トップページ | 黒川弘務検事長を文春に垂れ込んだのは、産経新聞記者と・・、もしかすると・・ »

ソフトバンクGは、20年3月期、営利-1兆3646億円の赤字に、前場一時4425円まで下落した、リスクヘッジの800万株以上の空売りが・・

2020/5/19(火)pm1:11

 ソフトバンクGは、20年3月期、営利-1兆3646億円の赤字に、前場一時4425円まで下落した。リスクヘッジの空売りの買い戻しで下げ幅を縮小している。ビジョンファンド事業の損失は今後も影響しそうだ。孫会長は、「21年3月期配当も0円配当もあり得る」と述べた。800万株以上の空売りが入っているので、すぐにどん底に向かわないとみるが、乱高下は続くので注意したい。

 日経平均は、NY市場を好感して、前場20517(+383)円と大幅上昇した。ファーストリテは、前場1銘柄だけで日経平均を約+37円押し上げた。現在、NYダウ先物はドル建てで、小幅反落しているが、今晩のNY市場を占うには、材料不足か・・。

|

« 昨年、9月に武漢市では、新型コロナウイルスの模擬演習を行っていたと「湖北経視」が伝えていた | トップページ | 黒川弘務検事長を文春に垂れ込んだのは、産経新聞記者と・・、もしかすると・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事