« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

昨日、米国の新型コロナウイルス死者は、12万121人となり、第一次世界大戦の戦死者11万7000人を超えた・・

2020/6/23(火)0:30

 昨日、米国の新型コロナウイルス死者は、12万121人となり、第一次世界大戦の戦死者11万7000人を超えた。100年前の1918年のスペイン風邪(インフルエンザ)は、1918年11月11日、第一次世界大戦を終戦へと導いた。敗戦国、ドイツ軍の参謀本部のルーデンドルフは「戦争に負けたのは、アメリカ軍ではない、忌々しいインフルエンザのせいだ」と言葉を残した。

 この時の記録が、当時の陸軍病院の東京第一衛戍(えいじゅ)病院に残されている。この記録を見ると、第一波が5月に流行性感冒として現れ、11月には、109人が流行性感冒になり、9人がなくなっている。100年前の歴史は、私たちに何を伝えようとしているのか。パンデミックは第二波、第三波があると警鐘を鳴らしているように見える。現在、特別な治療薬やワクチンもない。対処療法で生還できたとしても、後遺症が残る人が多いという臨床医の言葉が重々しい。糖尿病など循環器に疾患を持つ高齢者は、特に危険だ。

 このウイルスは、血管の内皮細胞にあるACE2(アンジオテンシン変換酵素2)を鍵穴(受容体)として細胞内に入り込むことが分かっている。高血圧薬のアンジオテンシン阻害薬を中止する医師も出てきた。なぜならば、この薬で内皮細胞にACE2が増えるからだという。一方大丈夫だという医師もいる。ある臨床医によると、ウイルス患者にECMO(人工心肺)を使うと大量の血栓がフィルターを詰まらせるという。こんなことは初めてだという。この血栓が、脳、肺、心臓、肝臓、腎臓に追い打ちをかける。

 また、中国からの医療情報では、外科医の手術に全身麻酔をすることが多いが、新型コロナウイルス患者に外科手術で全身麻酔をすると、血栓が大量に発生するとの情報から、外科手術を見合わせる臨床医も多いという。

 さて、今日の日経平均は、NY市場が好感され、前場22621(+184)円と上昇した。トランプ大統領が、第2弾の現金供給を指示していることが伝わり好感されたようだ。後場は、先物の動きに注意か。


 

 

|

日経平均は、NY市場を好感して、225先物が一時22450(+1100)と大幅に買われ、前場22244(+714)円と全面高に・・

2020/6/16(火)pm0:40

 日経平均は、NY市場を好感して、225先物が一時22450(+1100)と大幅に買われ、前場22244(+714)円と大幅上昇した。業種別では海運、鉄鋼、輸送用機器が買われた。先週末は、メジャーSQで先物を中心に調整されたが、裁定売り残を一度解消(先物の買戻し)しておかないと、次のステップに進めない。海外投資家は、先物中心の売買が多いため、乱高下が続き、今後も注意が必要か・・。

 さて、本日、日銀金融政策が発表され、現状維持が決まった。しかし、新型コロナ対策の企業資金繰りとして110兆円の支援を発表した。これも、株価材料となった。

 

|

日経平均は、SQに絡む先物の売り仕掛けにより、2日間で一時-1248円下落した、SQ終了後、先物は大幅な買戻しに・・

2020/6/12(金)pm1:10

 日経平均は、SQに絡む先物の売り仕掛けにより、2日間で一時-1248円下落した。その後持ち直し、前場22131(-341)円で引けた。引き金を引いたのは、昨日のNY市場で、ダウが25128(-1861)ドル、ナスダック-527、S&P500 -188と、暴落がきっかけとなった。

 SQ値は概算で22071.46円となった。後場に入り、下げ幅を縮小している。日経平均をテクニカルで見ると、RSIシグナルが下降転換点に入ったが、25日移動平均線が下値抵抗線になるか・・。市場では、23000円を意識していただけに、海外投資家の売り仕掛けに裏をかかれた格好となった。SQまでは、波乱含みを警戒していた投資家も多かったと思う。

 今朝の日経平均先物(夜間)は、21660(前日先物終値-650)円、SQ後の後場には22260円まで戻した。その差は+600円と激しい売買が展開された。

|

裁定売り残2.4兆円、週末のSQに、日経平均は、23500円前後か・・、しかし・・

2020/6/9(火)am9:40

 裁定売り残は、直近で2.4兆円、週末のSQに、日経平均は、裁定売りの買い戻しで23500円越えとなるか。しかし、SQ終了後、新規の買いが入らないと、新規先物売りが入るかもしれない。5月3週からの先物買戻しは、日経平均を23000円まで押し上げた。来週からは、海外投資家の先物売買に注意が必要か・・。

 今日の日経平均は、日経平均先物(夜間)が23210(+20)円と小幅上昇したが、午前は利益確定売りに押され、一時-200円以上の下落となった。後場は、海外投資家の裁定売りの買い戻しに期待か・・。

|

日経平均は、寄り付きから日経225先物が売られ、前場22631(+17)円と利益確定売りに押された、12日のメジャーSQを意識した先物の動きに・・

2020/6/4(木)1:30

 日経平均は、寄り付きから日経225先物が売られ、前場22631(+17)円と利益確定売りに押された。12日のメジャーSQを意識した先物の動きに注意か。急ピッチで買い上げた日経平均は、先物主導で、来週の10日前後まで、乱高下する可能性もありそうだ。

 一方、米中懸念が悪材料になったからと言って、むやみに空売りを仕掛けたりするのは、危険が伴う。銘柄企業の実績や今後の動向を調査し、深追いせず、底値で買っておく中長期投資も実を結びそうだ。しかし、今後、新型コロナウイルスによる企業倒産も視野に入れておかないと、思わぬ痛手も・・。

|

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »